巻頭コラム No.218


  叱られてしまった。でもこれは批判されて当然だ。

裁判員制度は死刑判決を激減させたという「スクープ」のウソ

なるほどそういうことか。もちろん犯罪率が減少していることは知っていたけれど、近年はこれほど少なくなっているとは思わなかった。やっと腑に落ちた。

2014.9.25 森達也   





講演・イベント・メディア


2014年10月26日(日)14:00~ 「第2回"本気で"憲法を考えよう 憲法って、いったい誰のためのもの?」(藤沢商工会館)
パネリスト:木村草太氏(憲法学者)、森達也 詳細(PDFファイル)

2014年10月18日(土)18:30~20:30 講演「死刑のある国ニッポン 森達也さんが語る!」(エルおおさか606号室)

2014年10月17日(金)18:30~20:30 死刑映画週間2「A」を上映後、アフタートーク (京都シネマ)

2014年9月28日(日) NHK BSプレミアム「ザ・ベストテレビ2014」
第一部放送予定 9/28 12:00~16:30頃
第二部放送予定 9/29 12:00~16:15頃
NHK BSプレミア HP

2014年9月27日(土) 『アは「愛国」のア』(潮出版社刊)刊行記念イベント
13:00~ ミニサイン会【要整理券】(リブロ池袋本店/1階人文書売場特設会場)
15:00~ サイン会【要整理券】(丸善・丸の内本店/2F特設会場)
17:00~ ミニトークショー&サイン会(渋谷・大盛堂書店/3Fイベントフロア)
イベント詳細(潮出版社HP)

2014年9月23日(火・祝)13:30~
  『袴田事件は終わっていない!9,23 再審無罪を勝ち取る全国集会』

森達也講演「袴田事件と死刑制度」(文京区民センター)
主催:袴田巌さんの再審無罪を求める実行委員会
詳細情報(アムネスティ・インターナショナル日本HP)

書籍・連載


書籍 2014年9月10日発売『波止場日記――労働と思索 (始まりの本)』(エリック・ホッファー著/みすず書房) Amazonリンク
森が解説を寄稿しています。

書籍 2014年9月5日発売『アは「愛国」のア』(潮出版社) Amazonリンク

書籍 2014年6月20日発売『いのちの食べかた』(角川文庫/Kindle版あり) Amazonリンク

書籍 森達也推薦 2013年12月19日発売『滅亡へのカウントダウン: 人口大爆発とわれわれの未来』(アラン・ワイズマン著 / 早川書房) 上巻 Amazonリンク 下巻 Amazonリンク

書籍 2013年12月19日発売『クラウド 増殖する悪意』(dZERO) Amazonリンク

書籍 2013年8月23日発売『「自分の子どもが殺されても同じことが言えるのか」と叫ぶ人に訊きたい――正義という共同幻想がもたらす本当の危機』(ダイヤモンド社) Amazonリンク

連載 2013年7月22日発売『小説新潮』8月号(新潮社) サイトの立ち読みコーナーで閲覧できます。
小説新潮サイト

書籍 2013年5月25日発売『死刑』(角川文庫) Amazonリンク

書籍 2013年3月29日発売『観ずに死ねるか!傑作ドキュメンタリー88 ~総勢73人が語る極私的作品論~』(鉄人社) Amazonリンク

書籍 2013年1月11日発売『虚実亭日乗』(紀伊國屋書店) Amazonリンク

極私的メディア論 第67回 あえて再度反論する(『月刊『創』5月号掲載)
PDFファイル公開中

新連載 「私たちはどこから来て、どこへ行くのか」
筑摩書房PR誌・月刊『ちくま』4月号(493号)より連載開始
筑摩書房

極私的メディア論 第66回 誘導される民意(『月刊『創』4月号掲載)
PDFファイル公開中

極私的メディア論 第65回 論争以前の二人(『月刊『創』3月号掲載)
PDFファイル公開中

連載 「誰が誰に何を言ってんの?」
月刊「自然と人間」(ダイヤモンド社)
http://www.n-and-h.co.jp/

連載 書評
季刊誌「KOTOBA」(集英社)
http://shinsho.shueisha.co.jp/kotoba/

連載 「リアル共同幻想論」
PR誌「経」(ダイヤモンド社)
「日常の身近な事象から世界を撃つ」をテーマに、日常に潜む共同幻想と
それが引き起こしている矛盾を解きほぐします。
http://kei.diamond.co.jp/

連載 「極私的メディア論」
『月刊『創(つくる)』(毎月7日発売) >>「月刊創」

連載 斎藤美奈子・森達也WEB対談(現代書館WEBマガジン)
http://www.gendaishokan.co.jp/wWWWWW101.htm

DVD


『311』のDVDがマクザムより発売中
Amazonリンク

共同監督作品『311』公式サイト

記事掲載


BOOKSCAN×著者インタビュー
BOOKSCAN

月刊総合文芸雑誌「読楽」10月号(徳間書店 / 9月21日発売)平野啓一郎氏×森達也対談
web本とも

『世界 2012年8月号』論稿「厳罰は有効な刑罰なのかーーノルウェー元法相に聞く」
世界

『週刊金曜日 7/6 / 902号』座談会全員逮捕された「オウム」指名手配犯
週刊金曜日

『キネマ旬報 2012年7月上旬号』(キネマ旬報社) 寄稿 映画「死刑弁護人」の公開に寄せて/『僕の弁護は安田に』
キネマ旬報

『週刊金曜日 6/22 / 900号』寄稿「赦しと死刑囚」森達也
週刊金曜日

民主党機関紙「プレス民主」から「民主党への提言」としてインタビューを受けました。掲載は第282号(6月22日発売)。インタビュアーは有田芳生参院議員です。
民主党機関紙「プレス民主」

たかじんのそこまでやって委員会 「森達也 311を語る」無料動画公開中 
たかじんのそこまでやって委員会

ウェブマガジン「キネプレ」にてインタビューが掲載されました。
ウェブマガジン「キネプレ」

2月に行われた「BOX 袴田事件 命とは」上映後トークの動画がアップされました。
死刑廃止Channel

『ダ・ヴィンチ』6月号(5/7発売)「今月のブックマークEX」にてインタビューが掲載されます。
今月のダ・ヴィンチ

『Quick Japan』101号(太田出版)4月12日発売
特集「僕たちは〈震災直前〉を生きている。」内【レポート】森達也『僕とあなたの「後ろめたさ」――サラヤ国際ドキュメンタリー映画祭 滞在記』
Amazonリンク

『311』というタイトルの映画に賛否 被災者にカメラを向け「自分がハイエナのような自覚がありました」と監督が吐露(シネマトゥデイ)
http://www.cinematoday.jp/page/N0036032

『kotoba 季刊誌2011年夏号』(集英社) >> Amazonリンク

〈特別企画〉東日本大震災 対談・佐野眞一×森達也「がんばろう、ニッポン!」の危うさ

TOKYO FM(80.0MHz)「未来授業」
8月8日(月)~11日(木) 18:45-18:50
※TOKYO FMはPCやスマートフォンでもお聴きになれます。→ radiko.jp(関東エリアのみ)
※放送された内容は、Podcastでもお聴きいただけます。→ http://www.tfm.co.jp/podcasts/future/

THE JOURNAL【NewsSpiral】(4/13)森達也:震災
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/04/post_751.html

『婦人公論』(中央公論新社)2011年3月22日号 >> Amazonリンク
徹底検証 獄中手記出版に賛否両論!市橋達也は、心から悔いているのか?
〈「事件」が消費され尽くす日本で〉僕には騒ぎ立てる社会のほうが不思議だった (森達也)

『大澤真幸THINKING「O」』(左右社)7号 >> Amazonリンク
森達也×大澤真幸「死刑をゼロから考える」
http://sayusha.com/sayusha/903500393.html

BPnet「ゆとり世代、業界の大先輩に教えを請う」
オウム真理教の『A』『放送禁止歌』の森達也さんに聞く
~「現場ってなんですか? 編集ってなんですか?」
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100415/221588/(前編)
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100416/221875/(後編)

『マガジン9条』
蓮池透さん×森達也さん 「拉致」解決への道を探る
http://www.magazine9.jp/taidan/006/

第四十三講 森達也選 「死と生」
紀伊国屋本店「じんぶんや」で選書とエッセイを執筆
http://bookweb.kinokuniya.jp/bookfair/prpjn431.html

森達也×香山リカ「死刑制度から考えるメディアと日本社会」
立教ジャーナル('08.7.1.)Vol.3
http://www.asahi.com/ad/clients/rikkyo/taidan/taidan03_01.html

マガジン9条「この人に聞きたい」インタビュー
http://www.magazine9.jp/interv/mori/mori.php






Copyright © 2011 MORI Tatsuya Official Website. All rights reserved.
inserted by FC2 system